子供を起業家として育てる育て方

子供を起業家として育てる育て方

子供を起業家として育てる育て方

子供を起業家として育てる育て方

子供の将来を考えているなかに、将来、子供を起業家にしたいという場合の育て方に悩んでいるのであれば、一番の近道は、自らがそうなることです。

子供というのは親の背中を見て育つものです。

これは実際にそうで、日々の暮らしのなかで親の生活をみているものであり、なにより家で一緒に暮らしているのですから、日々の暮らしのなかでどのような仕事を親がして、日々、どういう風に感じて暮らしているかということを間近でみているのですから、影響を受けないわけがありません。

ですから、今時点で、自分自身がサラリーマンであれば、サラリーマンが仕事というものだということを通常は感じるわけであり、その親の日々のサラリーマン生活が楽しそうであれば、将来もサラリーマンとしてやっていこうという風にロールモデルにするわけです。

そういう意味からはサラリーマンの子供からからいきなり起業家を目指すということは正直難しいところがあります。

育て方として工夫をするのであれば、究極は自分か、妻が自ら起業家となることです。

これが究極の育て方です。

しかし、一般的に、容易な方法ではないため、通常はそうした刺激のある環境に置くというのが一つの方法です。

必ずしも学力ばかりを追い求める必要はありませんが、ある程度競争できる環境が必要になります。

例えば、国際関係での広がりもあり、自己主張の強い外国人の間で、自然と競争心が芽生えるインターナショナルスクールに入れるというのも一つの方法です。

海外の人はやはり一般の日本人よりも主張が強く、ある意味実力主義ですので、自分自身の能力がどこかであれば、それは認められることですし、また、インターナショナルスクールに来ている親たちは実は起業家であり、日本に来ているというケースは結構多いものです。

日本の場合はある意味サラリーマンが多すぎるため、サラリーマン以外の仕事のイメージをすること自体が難しいという現状が今やあるのです。

外国の場合は、必ずしもそこまででもなく、また、企業自体がサラリーマンでありながら、極めて実力主義でもあり、よい会社があればヘッドハンティングされていくなどどちらかというと個人の実力を重視し、競争して勝ち抜く、企業を移りながらポジションを築いていくということなので、より目指す方向に近いというふうにいうことができます。

また、あまり大学にこだわらずに特定の分野で修業をするようなことも一つの方向としてはあります。

様々な方法がありますので、親のできる範囲で育て方を検討するのが正解なのです。